主な成分について

| 未分類 |

リラックス効果が高く、様々な用途で利用できると人気のエッセンシャルオイル。
入浴の際に、入浴剤の代わりに数滴たらしたり、アロマオイルに混ぜ込んだり、マッサージオイルに混ぜたりと使用方法も幅広く使い勝手が良い物です。
そんな、エッセンシャルオイルを選ぶ際に、気をつけていただきたいのが主成分です。
オイゲノールはグローブやローリエ、シナモンなどに含まれており、抗菌作用や抗ウィルス作用があり風邪予防として利用されます。また、オイゲノールには防虫作用もあるため、虫除けや防カビ材としても利用されています。
β-カリオフィレンは、熱帯地方に咲くイランイランという花に多く含まれる物質です。イランイランから抽出されたエッセンシャルオイルは、ホルモンバランスを整える働きがあると言われ女性の悩みである、生理前のイライラやマタニティーブルー、更年期障害などの辛い症状をを改善する事が出来ます。
また、痛みや炎症、動脈硬化症、骨粗しょう症などの治療に効果があるとされており、多くの場面で利用する事が出来ます。
エッセンシャルオイルはリラックス効果を狙った物だけでなく、さまざまな効能や効果を得られる物があります。
それぞれの症状と効能にあわせて上手に活用してみてはいかがでしょうか。